北海道から沖縄まで日本には全国津々浦々ラーメン店がひしめいています。ラーメンの伝来は志那中国からですが、国民食と言われるように日本人ほどラーメンを食べている国はないのではないでしょうか?そんなラーメン店にまつわるストーリーで進行していきますが、今回私の住む鹿児島市内の名物ラーメン「のり一」について紹介いたします。

 

 

従来の鹿児島ラーメンとは違う澄み切ったスープ

鹿児島ラーメン「のり一」は鹿児島市街にある繁華街・天文館に非常に近い呑み屋がひしめく通りの一角にあるラーメン店です。暖簾をくぐると10席ほどのカウンターと座敷スペースがあります。

 

 

自動発券機で食券を購入して店員に渡すのですが、メニューがラーメン・茹で卵・めし・おにぎりだけなので発券機必要かな?と感じます(^_^;)

 

 

 

注文したのがラーメンとにぎりめし、ラーメンは中サイズで450円。おにぎりは50円(消費税込)ワンコインで収まるのは大変嬉しいです。スープは鶏ガラメインのさっぱりとした塩味で、とんこつも少々入った、しっかりと味のしみ込んだスープです。こってりラーメンが好きな人には物足りないかも知れませんが、テーブルには擦りおろしにんにくと食塩とコショウが備え付けているので、自分好みに味を仕立てると良いでしょう。

 

 

麺は中太麺で、もっちりした食感がスープに合ってとっても美味しいです。中サイズながら麺の量もそこそこあり、塩味の利いたにぎりめしと合わせて十分満足できます。トッピングは薄切りながら食べ応えあり味がしっかりしみ込んだチャーシュー2枚に、豆付きシャキシャキ食感モヤシが麺との相性ばっちり!そして青ネギと揚げネギで彩られています。

 

 

鹿児島のラーメンと言えば、醤油とんこつベースのやや濃いスープなのですが、のり一は塩味透明であっさりしており、他とは一線を課すラーメンであると言えます。

 

 

のり一の営業時間はお昼だけでなく、夜中も営業しているのも特徴です。天文館の繁華街にあるということで、夜中は呑んだ後のシメで訪れるお客さんが多いです。お昼は比較的すいていますが、夜は行列ができるほど混むことも。塩味のあっさりラーメンがお酒のシメにはピッタリなので、そうした層をターゲットにしたラーメンとも言えるでしょう。一時期はは夜中しか開いてなかった時代もあったそうですから、シメで食べるラーメン屋として定着したのでしょうね。

 

 

駄菓子並みの価格50円で提供された70年代

のり一ラーメンの創業は終戦間もない1949(昭和24)年で鹿児島ラーメンの中では歴史があるラーメン店です。創業当時のラーメンは50円。終戦当時という時代背景を考えればそこそこいいお値段ですが、実は私が子供の頃の1970年代中ごろの値段も50円でした。1970年中ごろのお菓子類は50円、高くて100円でしたのでお菓子と同じ値段でラーメンを提供していたのは、今思い返すと凄い激安価格でした。

 

元・プロ野球選手で巨人で活躍した定岡正二さんがのり一ラーメンについて熱く語るサイトがあります。鹿児島実業高校野球部の練習後に50円ののり一ラーメンを仲間と食べていたエピソードが残っています。

 

 

定岡さんの高校時代は1970年代の半ばくらいですから、まさに50円時代ののり一ラーメンを食べることができたのですが、この当時にお店で食べるラーメン代の相場が250円前後でしたから、いかに安いかがお分かりいただけるでしょう。

 

 

今でこそラーメン店らしい店構えと綺麗な店舗内ですが、当時の店舗は店内がやや薄暗く感じで大衆食堂みたいな感じだったような気がします。お店も今と比べてやや広かったような・・・何分子供の頃の記憶ですので子供目線で広く見えたのかも知れません。いずれにしろ駄菓子並のお値段でお店のラーメンが食べられるから、学生さんに大人気だったのは頷けますね。

 

 

 

創業からの値段から値上げしても格安価格は変わらず

 

1949年の創業から20年近くまで、戦後の急激な物価上昇にもめげず50円という価格を据え置いてきましたが、さすがに時代の移り変わりが進み、値上げに踏み切らざるを得なくなります。

 

 

それでもほんの10年前まではラーメン(中)で300円だったのですよ!!

 

 

なるべく安く提供してきたのり一さんが僅か10年で1.5倍値上げに踏み切らざるを得なかった原因は、2度にわたる消費税増税や円安による物価高騰も影響していると思われます。それでも他のラーメン屋に比べてリーズナブルな鹿児島のソウルフード、のり一ラーメンはこれからも鹿児島市民に愛されることでしょう。

著者

yuuponshow

こんにちは、このサイト編集者のyuuponshowと申します。私たちが生まれてから死ぬまで決して欠かすことのできない「お金」。人間が生きる上でとても大切なものですからお金に執着する人って凄く多いと思います。このブログはお金を稼がせるといった怪しい情報商材などの勧誘ではなく、あらゆる角度からお金について探求するものです。難しい話でならないよう分かりやすく、たまにマニアックな話題も混ぜながらみんなの大好きなお金を語っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です