クリスマスシーズンが終わりましたが、皆さん今年はクリスマスケーキ召し上がりましたでしょうか?普段ケーキを食べなくても口にする機会があるのがこのシーズンですが、洋菓子店は勿論のこと、コンビニでも普通に売ってますから他の買い物がてら買ったという人も多いのではないでしょうか。最近のケーキは素材に凝っているというか、軽く甘すぎず生乳のみずみずしいホイップ感のある生クリームと、柔らかくふんわりした口あたりの良いスポンジ生地の組み合わせ、そしてイチゴなど新鮮なフルーツをふんだんに彩られていてとっても美味しいですよね。

 

 

私が小さい頃は生クリームではなくバタークリームを使ったケーキでした。味は今のとは比べならないくらい不味かったのですが、当時はこれがケーキの味なのだと思って食べていました。そんなバタークリームケーキも口にしなくなって何十年になるでしょうか。当時を知るものとしては懐しさから久々に口にしたいなと思うこともあります。そんな昭和レトロ感あるバタークリームケーキにまつわるお話です。

 

 

 

バタークリームケーキ全盛の時代背景

クリスマスケーキが日本に誕生したのは明治後期と言われており、不二家が明治43年に創業したときにクリスマスケーキを販売していたそうです。当時はクリームではなく砂糖の衣をかけて、アラザン(銀色の粒状の製菓)をあしらっていたものだそうです。

 

それからクリームをあしらったケーキが誕生しましたが、それがいわゆるバタークリームで作ったケーキでした。バタークリームと言っても、昔バターは高価なものでしたからマーガリンかショートニングという脂肪をベースにしたバタークリームでした。そのため口に入れると油っぽくてしつこかったのです。スポンジもぱさぱさで、いちごなどのフルーツの形であしらったアプリコットジャムは嫌いで避けてました(苦笑)

 

昭和42年のバタークリームで作ったクリスマスケーキ

 

ご覧のようにクリームとデザインチョコといちごなどの果物の形をあしらったアプリコットジャムで鮮やかにデコレートされた昭和時代のケーキですが、見た目の豪華さに比べて不味いというのが特徴です。ちなみにこの写真で一番高いのが800円ですが、新聞購読月580円の時代です。今の相場に直すと3000円は余裕で超えますが、決して割高な額ではないですね。

 

 

昭和42年のクリスマスショートケーキ(生クリーム)

 

バタークリーム全盛の頃に生クリームケーキもありました。ご覧のようにバタークリームよりもやや割高です。ただ生クリームは高級品で中々手に入らなかったのと 今ほど冷蔵庫や持ち運ぶ間の保冷剤などが普及していなかったので 生クリームを使ったケーキが少なかったのです。 日持ちもしませんし生クリームが溶けてしまいますから保存の利くバタークリームが主流だったのです。

 

 

バターから生クリームが主流へ

私が生まれてから小学校低学年くらいまでの頃のケーキはバタークリームオンリーで家庭では勿論のこと、クリスマス間近の学校給食や幼稚園でのクリスマス会でも出されていました。不味いのは分かっているのでケーキ出されても皆微妙な顔してましたね。食べきれずに残したりして先生から怒られた子もいました。

 

生クリームケーキを初めて食べた記憶があるのが、1980年代になってからだと思いますが、それまでの不味いと言うケーキのイメージが一気に吹き飛びました。スポンジもおいしくなってジャムじゃない本物のいちごがトッピングされるようになったのもこの頃だと思います。

 

生活が豊かになり、嗜好性が高まってきたこともあり、それまで高価な生クリームケーキが普及してきたのです。家庭での冷凍保存もしやすく、保冷剤もあるので美味しい生クリームケーキがバタークリームに取って代わって一気に主流となるのでした。

 

 

 

昔のとは比べ物にならないバタークリームの美味しさ

こうして衰退の一途を辿り、見る影もなくなったかに見えたバタークリームケーキでしたが、あるところにはありまして、今では素材もレシピも改良され生まれ変わりました。その気になるお味は・・これが結構な評判で人気商品となっていて生クリームよりも人気があるのだそうです。

 

かつてのバタークリームのあの油っぽくしつこいクリームに苦しんだものとしては信じられないですが、今のバタークリームは本物のバターを使っていて、且つ嗜好性の高い高級バターを使っているので味は各段に違うというか昔のとは別物と言われています。お値段もバタークリームの方が生クリームよりも高くなっているそうです。

 

 

見た目だけではなく味もしっかりした美味しいバターケーキ。生クリーム主流となった現在では、一部洋菓子店でしかお目にかかれませんが、生クリームを超える味わいと言われるバタークリームケーキをぜひとも食してみたいですね。

著者

yuuponshow

こんにちは、このサイト編集者のyuuponshowと申します。私たちが生まれてから死ぬまで決して欠かすことのできない「お金」。人間が生きる上でとても大切なものですからお金に執着する人って凄く多いと思います。このブログはお金を稼がせるといった怪しい情報商材などの勧誘ではなく、あらゆる角度からお金について探求するものです。難しい話でならないよう分かりやすく、たまにマニアックな話題も混ぜながらみんなの大好きなお金を語っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です